Cairns-Sydney

以前はカンタス航空だけで運航されていたこの路線ですが、徐々にカンタス航空の子会社、オーストラリアン航空も飛ぶようになりました。ほとんどお客さんが乗っていなかった為か、日本人客室乗務員1名が乗っていましたが、「何か御用がございましたら、声をお掛けくださいませ♪」と1回アナウンスされただけで、それっきり、パイロットの挨拶も説明も何も日本語でアナウンスされなかったぞ〜。数人のお客さんにわざわざ日本語でアナウンスするのも面倒だと思ったのかな?


オーストラリアン航空 機内食
(ケアンズ/シドニー)
■ 朝 食 ■

オレンジジュース

ホットミールの朝食のメインは、
パンプキンとポテトのキッシュとハッシュドポテト
のようなものにトマトソース

温かいパン いちごジャム バター

フルーツサラダ
(ロックメロン、ハニーデュウ、いちご、ぶどう、パイナップル)

コーヒー 紅茶 




■ 今回乗る B767-338 ■



まだ、暗いケアンズ空港。ケアンズで乗り換え。
名古屋・福岡・大阪発〜ケアンズ着(乗り継ぎ)

シドニー行きの国内接続便は週6回運航。





■ 機内の様子 ■



お客さんはケアンズでほとんど降りてしまって、シドニー行きのこの便は、数えるほどしか人がいない・・・。
夜明けが綺麗です〜。左側の席に座ると朝日が見えますよ(^^)





・・・ ヘッドフォン(ユニセフ募金袋入り) ・・・

 

カンタス航空でも募金の袋が入っていますが、社会に貢献している姿勢は好感がもてますね。

$2 will buy six bottles of medicine to treat malaria.
$17 will immunise a child against six killer diseases.
$25 will buy a primary school teachers set.
Values are US dollars and are approximate.





スクリーンで映画を観ていると・・・



やはり機内健康管理には気をつかっているようで、
お水は頻繁に配られます。







朝日が差し込んで明るくなると、朝食サービスになりました。
まずは、使い捨てハンドペーパータオルが配られ、ドリンクと食事のサービス。

 
食後のコーヒーサービス。
大きな紙コップで飲むコーヒーはカフェのよう(^^)
表面が工夫されていて(平らではない)、手が熱くなく持ちやすい。








..................................................................................................................................................................................................................



機内誌に書かれている、入国カード案内のページ。
英語、中国語、日本語とあるのですが、なぜか日本語だけがにじんでよく読めないんですけどぉ・・・。



NEWS! オーストラリア航空は2004年11月3日、札幌行きの季節限定サービスを開始。
2005年3月26日まで、週2便を運行。札幌行きの便は水曜、土曜。シドニーおよびゴールドコースト出発。







| HOME | FLIGHT RECORD