Taipei-Hongkong

機内は席に余裕があり、2席を1人で使っているお客さんも多かった。ほとんどが台湾人ビジネスマンらしき人たちで、彼らはこんな短い飛行時間でも機内で仕事をしていた!。 スゴ〜イ!!働き者!ちゃんとスーツも着ているし、いかにも仕事ができそうである。台北/香港間は国際線ですが、日帰りで仕事をするビジネスマンも多いん だとか。オーストラリアのシドニー/メルボルン間みたいな感じと香港の人が教えてくれた。飛行時間も短いので客室乗務員もばたばたと忙しそうだった。

キャセイパシフィック航空 機内食
(台北/香港)
■ 昼 食 ■

温かいサンドウィッチ

中身は、チーズとハム

ロックメロンとすいかのフルーツサラダ

ドリンクサービスは機内食と同時でした。

コーラにしてみました。

     





■ 今回乗る A330 ■



台北は雨。関空発、台北経由香港行きの便に乗り込む。空港であわただしく免税品を買っているキャセイパシフィックの客室乗務員の姿が見られた。日本で買うよ りもやっぱり安いのかな?日本の雑誌も中国語になって売られていた。ビジネス路線だからか、やはり早めに出発しているようで、定刻時刻よりも数分早くプッ シュバックが始まる。悪天候で揺れるかと思っていましたが、安定した静かなフライトでした。



■ 機内の様子 ■



ビジネスマンが仕事をしている機内。女性客はほとんど見られなかった。忙しそうに働く客室乗務員。機内食サービスも、ものすごい速さ!食後のコーヒーを飲みたかったけれど、トレイを片付けにきたのでやめておいた。

エコノミーの座席に付いているPC用電源。


「現在、座席に備え付けの電源はラップトップ・コンピューターにはご利用になれません。」


なんだそうだ。
以前は使えたの?

..............................................................................................................................................................................................



C'est Bon(フランス語で「おいしい」の意味)と書かれたバッグに入ったサンドウィッチ。
ハムとチーズだけのシンプルなもの。温められているので軟らかくて食べやすかった。セボ〜ン♪





..............................................................................................................................................................................................



・・・香港国際空港(チェクラップコック国際空港)到着・・・

1998年7月6日開港の世界最大最新の空港。ランの綺麗なお花が迎えてくれます(^^)



レストラン、ショッピングセンター、ラウンジ・・・迷子になりそうなくらい広い。

ターミナルの移動は
空港内にある地下鉄で。
エールフランスのパイロットが嬉しそうに飛行機の大きな模型をかかえて乗ってきた。
やっぱりパイロットも飛行機好きな人が多いんだろうな。しかし、あんな大きな荷物、どこに置くのだろう!?



非常口。走る人に、スピード感が表れている。ダッシュ!







・・・ 香港のお金 ・・・

香港のお金って分かり辛い〜。

発行している銀行が違うし、同じ金額でも色や形、大きさが異なるの!きっと私は、偽札出されても分からないと思う。(((-−)

やはり、偽札が出回ることもあるそうで、銀行やお店では偽札鑑定器を持っているそうです。

私と一緒に行動していた中国人も、なんと偽札鑑定器を持っていました・・・。すごっ。やっぱり私も鑑定器、買おうかしら。





| HOME | FLIGHT RECORD |