Kansai-Singapore

SQ983便でシンガポールへ。16時55分出発なので、関西空港へは余裕をもって行ける。55分というのが中途半端だな。日本での仕事を早めに終えなければ乗れないし、シンガポール現地時間22時30分着なので、シンガポールにもっと滞在したい人には1日損したような感じの便だ。この便の乗客は、ツアー客が多いようだった。

シンガポール航空 機内食
(関西/シンガポール)
■ 夕 食 ■

エコノミークラスでもインターナショナル和食
を選べる。写真は、インターナショナルセレクション。

前菜 魚の燻製とコールスローサラダ

メインコース 
ハチミツ風味ローストチキン ペッパーソース
野菜、ポテト
デザート アイスクリーム

パン各種 パン バター
温かいお飲み物 コーヒー 紅茶
↑メニューどおりに書いてみました♪
何も入っていない右のお皿、何に使うの?





■ 今回乗るB777-200 ■



シンガポール航空のボーディングパスは、エコノミークラスでもグリーンとゴールドのカラーでステイタスが高そうに見えますね(^^)。


日本発のシンガポール航空で行くキャンペーン対象ツアーに参加のお客様にもれなく、便利なシティマップやお得なクーポンがついたキティちゃんの「アドベンチャー・ガイドブック」がもらえる。この中に、割引クーポンやホップオンバス3日間乗り放題チケットも入っている。

いいな〜。日本人へのサービスは特に力を入れているようだ。オーストラリアなんかそんなもんないぞ!

【ホップオンバス】シンガポール航空運行の市内循環バス。主要観光名所をまわり、時刻とコースが決まっていて乗り降り自由。




・・・ シートポケットには ・・・

各座席に装備されたパーソナルスクリーンで最新映画や任天堂ゲーム、オーディオを楽しめる機内エンターテインメント案内のクリスワールド(英語、中国語、日本語。韓国語で書かれている!)、シンガポールお土産販売カタログのホームデリバリーサービス、機内ショッピングカタログのクリスショップ、機内誌シルバークリス



止め具が付いたゴミ袋、安全のしおりSAFETY INFORMATION、機内での体操HEALTHY AIR TRAVELが入っていました。ホームデリバリーサービスは重い荷物を持たなくても機内で注文すれば自宅まで届けてくれるので便利ですね。それにどんなものがシンガポールのお土産になるのかも参考になります。商品(ビーフン+カレー醤)を使ったシンガポール料理のレシピ(シンガポール風焼きビーフン)も載っていました!簡単なので、今度作ってみよう♪




.............................................................................................................................................................................................



・・・ ドリンクサービス ・・・

おしぼりが配られた後、ドリンクサービス。Singapore Sling(シンガポールスリング)にしてみました。

シンガポール航空に乗ると私はいつもこのシンガポールスリングを飲んでいる(^^)。今回のおつまみは、ピーナッツ(シンガポール航空のロゴ入りの袋)。

シンガポールスリング:1915年にシンガポールのラッフルズホテルのロングバーで誕生した世界的に有名なカクテル。ドライジン、ベネディクティンDOM、コアントロー、テリーブランデーに、ライムジュース、パイナップルジュース、少量のアンゴスチュラビターズ、グレナデンを加えてシェイクしたもの。




・・・ メニュー ・・・
シンガポール航空には、世界でも有名なシェフと料理専門家8名からなる「International Culinary Panel」と呼ばれるメンバーが、シンガポール航空独自の機内食を提供している。大阪発シンガポール行きの和食(メインコース)は、京都「菊乃井」村田吉弘氏のオリジナル料理でした。

前菜
 前菜盛り合わせ
麺類 冷たい季節の麺
メインコース 牛肉のカレー、豆腐と黒豆入り、御飯
軽食 小菓子
デザート アイスクリーム
パン各種 パン バター
温かいお飲み物 煎茶
冷たいお飲み物 ウーロン茶





期待していたのに、なんだかどこの国の料理かわからない食事でした。カレーに豆腐と黒豆が入っていて、麻婆豆腐をカレーにしたような味でした。和食にしては見た目が悪いな。前菜の焼き魚(鯛)の方がよっぽど和食っぽい。他、メニューには載っていなかった漬物、チーズ、クラッカー、水、コーヒー用ミルクが付いていました。シンガポール航空の機内食はメニューに載っていない食事がちょこちょこあるのね。食事内容が変わるからかな?前菜にしても前菜盛り合わせだけで、詳しく書いていない。


夕陽を見ながらの夕食。



食後のアイスクリーム(ハーゲンダッツ)とコーヒー。カップ&ソーサーがかわいい♪





・・・ シンガポール ・・・

シンガポールの土地は狭く、需要のあるCBDに高層ビルが立ち並ぶ。資源のないシンガポールは自由貿易国でもあり物資を各国からの輸入にたよっている。隣国のマレーシアからはパイプラインで水をも輸入している。車は車両購入権が高く、安く上げるために週末のみ走る権利のプレートなどをつけている車もある。



エスカレーターの動きが、ぼーっとしてたら怪我しそうなほど速い!慌しいシンガポールの生活を見るようです。ショッピングセンターでシンガポールの若い人がたくさん集まって写真を撮っていたので、その方向を見てみると、有名な人なのかしら?取材を受けている女の子がいました。やっぱり慌しいのか、シンガポールの人って、写真撮ったらさっさと帰っていました。で、誰この人?




■ 玉樓 Jade ■

ザ・フラトンホテル内にあるレストラン玉樓 Jadeに行ってみました。中国料理のスターシェフの料理で人気らしい。中華っぽくない料理で、ワインもよく合う。フランス料理風アレンジの創作中華料理でした。テーブルだけは中華のように丸いもので大勢で楽しめました。最高級のサービスとトップクラスの雰囲気なのに気取らず食事することができる。




この近くで、Chalcedony(カルセドニー、玉髄 Namibia 産)の指輪を買った。今とても流行っているというので、ついつい買ってしまった(^^; (S$ 527)。高っ!この石に宿るパワーは身につける人に幸運、特に金銭運、仕事運を強くするのだそうです。その店の袋をもって買い物していると、小さなお土産屋さんの店員がかわいい袋ね♪と話しかけてきて、宝石店のお店でもらったと話したら、「私、昔そこで働いてたんだー。売り上げないといけない仕事できつくてストレスで辞めたの。」と言っていた。私ってば、宝石を売りつけられたのかしら?(^^; 結局、その袋を彼女にあげて喜ばれました。 あげたからといって何もくれるわけでもなく・・・。相手は新しい仕事、私からかわいい袋をもらう・・・で、幸運がきた!? でも、私には・・・!?本当に金銭、仕事運を強くするのかしら?このカルセドニー。まあ、その袋は、日本人から見たらぜんぜんかわいくない手提げ袋なのでどうでもいいのですけど。



移動は安いタクシーが便利。でも、夜はタクシーがつかまりにくいです。タクシースタンドやホテルでも待つ人で列ができてました。シートベルトをしていないと罰金。