Melbourne-Sydney
メルボルンを5分遅れの17時5分出発。満席。この便は、仕事を終えてシドニーに帰るサラリーマンでいっぱいだった。エコノミークラスでも、この時間帯のフライトのアルコールは無料。仕事帰りに一杯♪の嬉しいサービス。乗客も飲む人が多いらしく、客室乗務員のカートの上にはビールと赤ワイン、白ワインがどっさり積んであった。

カンタス航空 機内食
(メルボルン/シドニー)
■ 軽 食 ■

飲み物は、SHIRAZにしてみました。

オートミールのビスケットと
クリームチーズのディップ


希望者に、青りんご(Granny Smith)





■ 今回乗るB767-336 ■


メルボルンは曇りで強風。天候が悪かったのですが、ぜんぜん揺れない!穏やかなフライトでした。やっぱり、カンタス航空は安心して乗っていられるなあ。



ワインは、THREE GARDENS(BAROSSA VALLEY)SHIRAZ。カンタス航空の機内で出されるワインは、どれも美味しい〜♪

ワインの名前をメモしなくても、ラベルに切り取り線が小さく入っていて、それをもって、お店で探すこともできる。グッドアイディアですね。


おなじみシドニーの風景写真(Photographed by Ken Middleton)のパッケージの中に、オートミールビスケット3枚とクリームチーズディップ。写真は、ノースシドニーにあるオリンピックプール。




■ 青りんご (Granny Smith) ■
スミスおばあちゃんの青リンゴ。

オーストラリア、NSW州Eastwoodで、マリア・スミスさんによって育成された品種。酸の効いた硬いりんごで料理に適している。Maria Smith おばあちゃんが亡くなって(1870年)から有名になり、クッキング用りんごとしての賞を受賞したり、現在のように広く市場に出回るようになった。毎年、イーストウッドでは、グラニースミスフェスティバルが開催される。



カトラリーの入ったテーブルマットは、ゴミ袋になるように工夫されている。




・・・ 機内誌 ・・・


  


機内誌には、ラグビー豪州代表チームをサポートする「2007年ラグビーワールドカップ キャンペーン」の一環として、カンタスワラビーズロゴ入りの金色スカーフをしたカンガルーの特別塗装機B767-300を就航させると書いてあった。サッカーのアジアカップ2007もあったのに、豪州サッカー代表サッカルーズのことは、The Qantas Wallabies and Socceroos share their goals with Frequent Flyers and Starlight children.の一行だけで話題にもしていない。かわいそ〜。




| HOME | FLIGHT RECORD