Sydney-Brisbane


カンタス航空エンジニアのストライキが予想されていた為か、時間帯のせいなのか、機内はガラガラ。私も実は、この日のフライトはキャンセルしようかと思っていたのです(^^; 結局、国内線はストライキがなくなったようで無事、飛ぶことができました。


カンタス航空 機内食
  (シドニー/ブリスベン)
■ 軽 食 ■
       
飲み物は、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、アルコールなど
から選べます。

カンタス特製、バンダバーグのジンジャービア
にしてみました。ぬるかった・・・

クリームチーズ&ハーブディップ

ローズマリー&オニオン ラボッシュ

希望者に、りんご






■ 今回乗るB767-338 ■



蒸し暑い夏。夕立になりそうな空。空港ターミナルも人が少ない。やっぱり、ストライキがあると思ったのか予約をキャンセルした人も多いのかな?1月はスクールホリデーで乗客も多いはずなのに。搭乗時間も早くから始まりました。この機材はブリスベン/シドニー間を行ったりきたりしているようで、ブリスベンから来ていました。そして、またシドニーへ戻る。



・・・ 機内の様子 ・・・


こんなに空いている機内は、エコノミーでも楽々♪シートはニューデザインのシートになっていました。
機材は古いですが・・・。



カンタスミュージアムにも展示されていた新シート。
う〜ん。シートカバーが新しくなっただけだな。



・・・ シートポケットにあるもの ・・・


セイフティーインストラクション
ゴミ袋
機内誌

今月の機内誌の特集は、・Beijing secrets ・The Sunshine Coast ・Tamworth and Aspen ・Australian Open ・The Sydney Festival
この機内誌を見るだけで、オーストラリアの旬な情報が手に入ります。





■ Terraces on Wickham ■

345 Wickham Terrace Brisbane Queensland Australia 4000
★★★

今回泊まったホテル。テラス オン ウィッカム(旧 グッドアース ホテル)。内装は改装したてなので新しい。
モダンでスタイリッシュなデザインのホテルになりました。


セントラルステーションから歩いて10分くらい。少し坂になった丘の上にあるので大きな荷物があると歩くのはつらいかも。



小高い丘の上にあるので部屋からの景色も有り。屋外プール、駐車場有。アメニティは、AVEDA。シャンプーにミントが入っていて、スキッとして良かった。他、コンディショナー、ボディーローション、石鹸。アイロン、ドライヤー、セーフティーボックス(無料)有り。バスタブもあってシンプルで広く感じるデザイン。


冷蔵庫にも一通り飲み物がそろっている。透明なガラスの扉なので中が見やすい。紅茶の種類も多く、コーヒーもカフェインなしのものも揃えてある。オーストラリアらしく、マカデミアクッキー付き。これらは、無料。


値段の割りに良いホテルでした。(^^)まだ、改装中なので、朝は工事の音でうるさかったけど・・・。





 ■ e'cco ■

100 Boundary Street(Corner Adelaide Street)
Brisbane, Queensland 4000

モダンオーストラリア料理。ブリスベンで一番美味しいとの評判のお店に行ってみました。




高級料理店なのに、ビストロなので気取らない雰囲気の店内。料理はプレゼンテーションが良く、味も素材の味がいかされていて良かった。スターター($22.5)、メイン($37.5)、サイド($9.5)と、どれを選んでもそれぞれ料金が同じなのも珍しい。ワインの種類も多い。スタッフの対応も良く、店が停電となったときも「ハッピバースデー♪」と歌うジョークで、お客を笑わせたり機転が利いていました。停電ってよくあるのかしら?写真は、150 day grain-fed ‘grainge’ eye fillet, hasselback potatoes, gorgonzola, silverbeet & candied walnuts. ちょっとかわいそうだけど、軟らかくて美味しくいただけました。でも、魚はちょっとシドニーに比べると新鮮さに劣るかな。美味しかったけど。帰りはストーリーブリッジの夜景を見ながら帰りました。シドニーハーバーブリッジクライムのようにここでもブリッジクライムツアーがあるらしい。シドニーのハーバーブリッジのツアーを考案した人は億万長者なんだよなあ。ブリスベンもそうなのかな?とか思ったり・・・。