Sydney-Melbourne

少し遅めの朝10時発のQF423便。空港内は、ホリデーをとっている家族連れや、まだまだ、仕事で忙しく働くビジネスマンの姿がみられた。機内は、エコノミーもビジネスも満席。この時間帯の機内食は、軽食。軽食といっても温められた食事がだされるので、これでも朝食がわりになる。



カンタス航空 機内食
(シドニー/メルボルン)

■ 軽 食 ■

オレンジジュース
ホットミールの軽食は、

トマトとモッツァレラ、ゴーツチーズのピッツァ
あるいは

フルーツサラダの2種類から。 ピザにしてみました。 他、フルーツサラダ (いちご、パイナップル、ぶどう) メインの食事が終わるころに、 デニッシュローストナッツ(アーモンド&カシュー) コーヒー 紅茶





■ 今回乗るB767-338 ■



乗る飛行機が、ぜんぜん見えない位置にあったので、カンタス博物館から撮影。(←ヒマ人?)それでも、これだけ。搭乗券の裏には、オーストラリアオープン2009の観戦チケットや航空券などが当たるキャンペーン広告。プロモーション期間は、2008年12月31日まで。




・・・ 機内の様子 ・・・

機内誌

パイロットからの機内アナウンスで、いつもの挨拶があり、最後に、「みなさんメリークリスマス」としめくくられた。まだ、始ってもいないのに、もう、みんなクリスマス気分なのです(^^)。



食事が終わるころ、温められたデニッシュが配られた。
デニッシュは、アプリコットか洋ナシの2種類。食後のコーヒーと甘いものでゆったり〜。








■ フォード・モーター・カンパニー ■



ジーロングにあるフォード・モーター・カンパニー。フォード博物館もあり、フォードの歴史を車のシートに座って映画で観ることができたり、大量生産されたモデルTからモデルA、V8、UTEなどの貴重な車の展示物で楽しむことができる。博物館の中にも、フォードグッズのお店がありましたが、シティのショッピングセンターで安売りのフォードグッズを見つけました♪やはりジーロングは、フォード社おひざ元。Tシャツ($10)やサングラス($10)。 フォード博物館と近くのウール博物館の入場券をセットで買うとお得です。7日間有効。期間内なら何度でも入ることができる。



車の走行テストには、オーストラリアならではのカンガルーテストもある。さすが!産業がこれしかないような土地なのに、ジーロングフォード社のエンジン工場は、2010年までに閉鎖されてしまいます。