Sydney-Avalon

オーストラリアンオープン(全豪オープン)のこの時期は、ホテルも飛行機も取りにくい。メルボルン行きの朝のカンタス航空の便が、どれも満席だったので、辛うじて空いていた格安航空ジェットスター航空を予約。避けていたのに!?(笑)でも、この路線は初めて乗るのでちょっと嬉しい(^^)到着空港は、いつものメルボルン空港Tullamarineではなく、周りが牧場というアバロン空港


ジェットスター航空
(シドニー/アバロン)
格安航空なので、機内食は当然なし!
コーヒー(Jasper Coffee)にしてみました。$3。
フェアトレードとオーガニックのコーヒー

メルボルンのコーヒーショップということで、結構
楽しみにしていたのに、客室乗務員の淹れ方が悪い
のか何なのか分かりませんが、

香りもなく薄く、まずかった。(ごめん!)

カップは大きくて量があっていいんだけど、
朝からまずいコーヒーたっぷりは、(/_;)。

おまけにバンダバーグの砂糖は袋が破れていて、
シートにこぼしてまった。汚してごめんよ!




■ 今回乗る A320-232 ■



朝一番の6時出発。まだ暗い。夏休みということもあって、空港には大勢のお客さんの姿が見られました。ジェットスター航空は手荷物だけで搭乗すると安くなる運賃(JetSaver Light fares)があるので、荷物機内持ち込みの客が多いようだった。シートベルト着用サインが消えると、鞄の中から飲み物や食べ物をごそごそと取り出し食べる人、なにもせず寝る人。サラリーマンはほとんどいない。やっぱり、カンタス航空と客層が違うな。


空港でのお店は朝早くても開いていました。



ジェットスター航空の搭乗券はお店でもらうようなレシートのような紙。裏にJet★マーク。




・・・ 機内の様子 ・・・



座席はレザーシート。紆余曲折を経て、シート座席も現在は指定席になった。オーディオは、イヤホンがないので聞けない。この辺はまだ改良の余地あり。ライバルのバージンブルー航空は、国内線でも無料でイヤホンを配っているのにな。ちなみにバージンブルー航空は、搭乗口ににイヤホンを置いてある。(^^)








・・・ シートポケットには ・・・

機内誌
ごみ袋
セイフティー
インストラクション
機内食メニュー(有料)

いつものメルボルンは、早く到着する感じなのに、機内で何もすることがないと時間が長く感じられる〜。
やっぱり、乗りたくないな。ジェットスター航空(ゴメン!。本当にゴメンよ)日本みたいに飲み物くらいサービスすればいいのにね。





■ アバロン空港到着 ■



周りはのどかな牧場。牛や羊がのんびりと過ごしている。ビクトリア州第二の規模の都市ジーロングが近くにあり、日本プロ野球の千葉ロッテマリーンズが2006-2007年の春季キャンプを行った場所。自動車工場のFordもある。




到着ターミナルには、ジーロングのアーティスト(Janice Marie 20 NOV 1939 - 17 Mar 2008)のボラード(係船柱)。ジーロングには、このボラードの作品が海辺に置かれています。ウール博物館の中にもアーティストのことが詳しくあるので興味のある人は行ってみて♪






空の色が違うのは、日にちが違うからです(^^; アバロン空港は、お金をかけていない手作りの空港といった感じ。サービスがもうちょっとよければもっと乗ってあげるのにな〜。なんて♪飛行機が到着するときだけ、シャトルバスやタクシーが待っているようだ。レンタカーは前日から予約していないと車が無い場合もあるので注意。





ジェットスターカラーのオレンジに塗られた石が道に置かれ、なんか笑える(^^; 失礼!





■ 空港バス ■



飛行機が到着する時間にだけ、バスが1台来ていた。どこかの観光バスかと思ったよ。到着後、荷物を受け取るターンテーブルのあたりに、バスチケット売り場があり、そこでお客がいなくなるまで販売していました。飛行機が7時30分到着で、みんなそろった8時にバスは出発。やっぱり、観光バスみたい(笑)1時間かけてメルボルン市内へ。片道20ドル。クレジットカード不可。もぉ。アバロン空港がどんな所にあるか知らない客は、到着したらびっくりするだろうな。