Narita-Guam

2008年1月、デルタ航空と合併交渉を開始し、合併に合意したノースウエスト航空。合併後1年から2年間はノースウエスト航空の社名・ブランドのまま別々に運航されるそうですが、その後、ノースウエスト航空の名前はなくなり、デルタ航空となります。今のうちに、ノースウエスト航空に乗っておこう。私は、今から13年前にノースウエスト航空でハワイに行ったきり。その時のマイルも有効期限がないので、まだ記録されていたのに感動してしまった。


ノースウエスト航空 軽食
(成田/グアム)
【 軽 食 】

食事は選べず1種類のみ
豚肉の生姜焼き と 玉子焼き
フルーツサラダ
(パイナップル、キウイをヨーグルトであえたもの)

フィナンシェ

コーヒー 紅茶





■ 今回乗るB757-200 ■



ノースウエスト航空チェックインカウンターは、すべてこの機械でチェックイン。ハイテク〜。地上係員がアシストしていました。また、ノースウエスト航空は、ウェブサイトから事前座席指定が可能。今回は満席で、空いているのがばらばらの席かリクライニングの浅い席しか残っていなかった!結局、唯一2人並んで座れるリクライニングの浅い席を確保。シートが3−3の席の並びで、その通路側を指定。しかし、リクライニングの浅い席とわざわざ書いてくれているのも親切ですね(^^)チェックインをし、搭乗券をもって搭乗口に入るとピンポ〜ン♪の音が。やった!アップグレード?ドキドキ♪係員から「お客様。本日は小さなお子様連れのお客様がいらっしゃるのでお席をEXITシートに替えさせていただきました。」とのこと。ビジネスクラスではなかったが実質アップグレード。ラッキー♪ノースウエスト航空のこの席は、非常口列で席間隔広めの座席。追加料金($25)を支払うことによって、出発24時間前より指定することができるシートなのです。このサービスはコーチチョイスとよばれ、ワールドパークス上級会員およびスカイチーム上級会員は追加料金なしで利用することができる。それを無料で、うふ♪ありがとうございます。ファミリー旅行の皆様♪


■ タグ ■





■ 成田空港第一ターミナル ■



普段、第二ターミナルしか使わないので第一ターミナルは珍しくて歩きまわった(笑)新しくて綺麗でショップがたくさんあっていいな〜。それにスタンプラリーまであったので挑戦してみることにしました♪もちろん商品もゲット。こんなサービス、第二ターミナルにはないよ!?折り紙博物館だってある!わ〜♪




ノースウエスト航空搭乗口付近の下の階にある待合室。ここの待合室は穴場?広くて誰もいない。コンピューターデスクもあるし、搭乗口付近の様子がモニターで見られる!横になれるシートもありました。



… 機内の様子 …



ノースウエスト航空は離陸時機内の照明を消すので、真っ暗なのですが、シートベルトサインの照明などが光り、キラキラとして宇宙船にでも乗るかのように幻想的。(写真は、シートベルトサインが消え、電子機器が使える状態の時のもの。)デモンストレーションはモニターのみ。元気な話し方で綺麗どころの女性がにかっと笑い、アメリカらしいデモンストレーションでした。



やっぱり、非常口の席は、別料金払うだけあって(払ってないけど)少し広い。この席には、臭い枕を持ったアメリカンが座りました。枕持って旅する西洋人多いよねー。匂うんですけどー。っていうか、体臭だったかも。しかも、その人もなんだかの理由でぎりぎりにアップグレードされたらしい・・・もぉ




・・・ シートポケットにあるもの ・・・

セイフティーカード
ごみ袋
機内誌
機内誌(日本語版)
機内ショッピング
通信販売カタログ

機内誌はデルタ航空のものになっていました。通信販売グッズがまた面白い。マルガリータメーカーとかハリーポッターグッズ、ペットのドアベルとかちょっと変わった面白いアイディア商品があるのです。こういうの好きな私は思わず買ってしまいます。




エコノミー席には、ヘッドフォン、枕、毛布が用意されていました。でも、この毛布、穴が開いている・・・ノースウエスト航空って、パイロットの腕はいいが、タイヤパンクとか小さい事故が多い。それはぎりぎりまで物を使うからだと聞いたことを思い出したワ。




■ 食事前のドリンクサービス ■



エコノミークラスは、アルコール類は有料とアナウンスがあった・・・支払は現金(USドル$5、もしくは日本円500円)面倒なので、無料のソフトドリンクにしました。機内誌にドリンクメニューがありMIXERSの中のMr.&Mrs. “T” Bloody Mary Mix という美味しそうなものがあったのでそれをいただくことに(^^)もしかしてアルコール入りかしら?なんて期待しながら♪カップに氷とおつまみをもらい飲んでみます。う〜ん。マズ!もちろんアルコールなんて入っていなくて、これにウォッカがあれば最高なんだろうけど、マズすぎて全部飲むのに苦労しました(涙)



.......................................................................................................................................................................................





透明の赤い袋にはいったカトラリー。ミールとともに、紙おてふき、塩こしょう、爪楊枝付き。食後のコーヒーのミルクや砂糖は乗務員から必要に応じて各自が取る。ミルクはパウダータイプのもの。



・・・ 入国書類 ・・・


機内で入国書類が配られます。こんなにたくさん!面倒〜。



・・・ トイレ ・・・

 

まあ、必要最低限なものは取りそろえられている感じ。まあ、日本路線だし、短い飛行距離なので利用者もそんなに見られず、綺麗なトイレでした。



・・・ グアム到着 ・・・


成田を5分早く出たせいか、飛ばしてきたのか、ずいぶん早く(30分くらい)グアムに到着。長いターミナルを歩き、入国審査。並んでいる間、日本語で係員が書類不備はないかをチェックしてくれる。すごいな〜。入国は、ほとんど日本人だよ。荷物を受け取り、出てみると、HISのお客さんが一番多いような?空港を出ると生暖かい空気で気分が盛り上がります!さあ!グアムよ〜♪楽しみましょうー!!日本から近い!安い!外国なのに日本語が通じる!常夏で海が綺麗!これじゃ、ゴールドコーストは負けるなあ・・・と、思ったのでした。ゴールドコーストもいいんだけれどもね・・・。






| HOME | FLIGHT RECORD