Paris-London

パリからロンドンへ。国際線になるのだけれど、飛行時間は1時間ちょっと。近くていいなあ。機内は満席。日本人のツアー客とオーストラリアのラグビー選手のグループでいっぱいでした。ラグビーの選手は、一応スポーツで来ているからか、誰もお酒を飲んでいない!ビールとか好きそうなのに。それにしても、フランスでオージーを見ると懐かしかったけど、フランス人には嫌がられそう・・・

ブリティッシュエアウェイズ機内サービス
(パリ/ロンドン)
【 軽 食 】

飲み物は、赤ワインにしてみました。
MAS JOSEPHINE シラー グルナッシュ

他、コーヒー、紅茶、ソフトドリンクがありました。


アプリコット&ココナッツのソフトクッキー


テーブルが水平にならないので、足で支えて撮影 w





■ 今回乗るA320-100 ■



A320シリーズで最初に登場したA320-100。



・・・ シャルル・ド・ゴール国際空港 ・・・
Ae'rogare 2


フランスの軍人・大統領のシャルル・ド・ゴールにちなんで名付けられたフランスの首都パリの国際空港。



第2ターミナルは、2A、2B、2C、2D、2E、2Fターミナルがあり、ブリティッシュエアウェイズは2Aでした。2004年に屋根崩壊事故があったのは、2E。(恐)設計上の欠陥が原因らしいけれど、ここは大丈夫?時間帯のせいかターミナルには活気がなく、薄暗く、なんか、古く感じる・・・。出国審査を抜けても、誰もいない免税店と小さなショップが少し。




・・・ ブリティッシュ エアウェイズのタグ ・・・



ワールド・トラベラー、ユーロ・トラベラーは、預けられる荷物は標準サイズの荷物 1個(23kg以内)だけ!23kgを超える荷物は、チェックインデスクで1個につき25ポンド(米国の空港から出発する場合は45ドル)の支払いが必要。



・・・ 機内の様子 ・・・



エコノミーは、3−3の並びで満席と分かっていたので、出発24時間前のオンラインチェックインで座席指定をしました。EXITシートの2人がけ。ここだけは2人席なのです。狭いシートだけど、前が広々〜♪この後ろの席のAも良い席ですよ。前に席がなく、出やすい(^^)まだ、無料で選べる時期だったのでラッキーでした♪

※)2009年10月7日より、出発24時間前までにエコノミークラスやプレミアムエコノミーで席をリクエストする場合20ポンド、ビジネスクラスで60ポンド。非常口付近の席をリクエストする場合50ポンド。 






...........................................................................................................................................................................................

左:エコノミー、右:ビジネスクラスのシート。あんまり変わらない。キャンペーンで100ポンド追加でアップグレードできたのですが、まあ、短い路線だからいっか。







・・・ シートポケットに入っているもの ・・・



国際線ですが、短い飛行時間だったので、機内販売はありませんでした。機内アナウンスでWEBサイトショッピングをご利用くださいと案内がありました。コーヒーには、スティック状の入れ物のミルク(液体)が手渡され、紙ナプキンが入った袋には、砂糖、マドラー、プラスチックバッグ入り。



ヒースロー空港到着前に、イギリス入国カードが配られた。




・・・ ロンドン ヒースロー空港 ・・・
ターミナル5




ブリティッシュ・エアウェイズは、ターミナル5に到着。2008年3月オープンなので新しく綺麗。到着から空港を出るまで時間がかからず、スムーズに移動できるようデザインされているそうですが、1便しか到着してないのに、入国審査に時間がかかったわ〜。長い列でゆっくり!厳しく調べていそう。でも、オーストラリアみたいな食物検査はなく、拍子抜け。





| HOME | FLIGHT RECORD