Narita-Perth


モダンオーストラリア料理の有名店、「ロックプール」レストラン考案のメニュー。日本でモダンオーストラリア料理を作ると無理があるのかなあ。肉がパサついて、あまり美味しいとは思わなかったよ。日本発の機内食は、やっぱり和食にするべきでした(;_:) 教訓。出発国で出される機内食は、その国の料理が一番美味しい。機内は、オージー客で満席。今回のシートは、旧式でシェルタイプでないのも残念。リクライニングに気を使うからねえ。

カンタス航空 前菜
(成田/パース)
カンタス航空 主菜
(成田/パース)
カンタス航空 デザート
(成田/パース)

カンタス航空 機内サービス
(成田/パース)
■ 夕 食 ■

まずは、ウェルカムドリンクからスタート。
水、ジュース、シャンペンの中から選びます(^^)
やはり、シャンペンでしょう♪

【前菜】
2種類(豚汁か鴨)の中から

・鴨胸肉のロースト 
 グリーンオリーブのレリッシュ添えにしてみました。

茗荷のグリーンサラダ ジンジャードレシングパン
 バター 塩コショウ
前菜とともに、ミネラルウォーター 赤ワイン


【主菜】
3種類(鯛かチキンかビーフ)の中から

・ハーブとリコッタチーズを詰めたチキンと
ポテトピューレ・青豆添え

にしてみました。これがパサパサで(涙)





【デザート】
3種類(チーズ、ケーキ、フルーツ)の中から

・フルーツ盛り合わせ

にしてみました。









食後にコーヒーか紅茶

メニューには、
Valrhonaチョコレートと書かれていましたが
PATON’Sチョコレートでした。

まあ、オーストラリア産だからいいか。


朝食は、和朝食にしてみました。最初に搭乗してから、注文カードにリクエストしておきます。(^.^) ボリュームたっぷりのお食事でした。こんなに頼んだかしら(^^; ちょっと炭水化物が多すぎ!?おにぎりが3つ。和食らしく割り箸付き。

カンタス航空 朝食
(成田/パース)

カンタス航空 機内サービス
(成田/パース)
■ 朝 食 ■

ジュースは3種類(オレンジ・りんご・バナナ)

バナナのヨーグルトドリンクにしてみました。

お味噌汁

小松菜と揚げの煮物 鰻巻玉子 紅白蒲鉾

南ムツの照焼
いりこみそ焼きおにぎり
高菜焼きおにぎり

鮭おにぎり 昆布豆

沢庵・京菜漬

コーヒー

小鉢の中身は、メニューにないものも(^^)

やっぱり、日本発は和食がいいですねえ♪









■ 今回乗るB767-338 ■



搭乗ゲートを抜けると男性(オーストラリア政府観光局の人?)が立っていて、このオージー王子キャンペーンの紙を配っていた。

オージー王子キャンペーン】・・・オージーとは、オーストラリア人の愛称。魅力あるオーストラリアに住むステキなオージー王子を見つけて、一緒に写真を撮り、体験談を書いて応募するというもの。選ばれた1名には、自分でプランニングできる100万円相当の夢のオーストラリア旅行をプレゼントされる。日本でなんとか王子っていうのが流行りましたね・・・。さて、どんな人が選ばれるのでしょう(^.^)私も探してみよう。




・・・ 機内の様子 ・・・



国際線でこの古い内装(^^; オーストラリア国内線のビジネスクラスは、このシートが多い。長距離国際線で、このシートは嫌だなあ・・・オージーなんか、思いっきりシート倒して寝るんだもん。オージー王子なんていないわw シートには、機内食メニューと朝食リクエストカード、カンタスのペン、枕、毛布、ノイズキャンセリングヘッドフォンが用意されていました。その後、いつものアメニティセットカンタスパジャマが配られる。隣のオージーは、ライトの点け方とか教えてくれたけど、オージー王子にはちょっと年齢が高いなあ。




・・・ 機内ショッピング ・・・

機内ショッピングに売上に力を入れているようで、サングラス15ドル、また、80ドル以上買うとトラベルピローがついてくるサービスがありました。15ドルのサングラスは安いなあと思って買おうとしたら、なかった(ノ_-。) トラベルピローも使わないしなあ。
結局、魅力ある商品がありませんでした。売上に協力しようとコアラのチョコレートを買ったら、これまた小さくてがっかり。ただ、機内販売担当の乗務員は日本語が上手で、サングラスがないことに恐縮していて親切で、もしや、オージー王子か!?と思ったけど(嘘)、おもいっきり日本人だったな。ここにもオージー王子はいなかった。






食後に配られる水。手元に水があるといいですね(^^) パース行きのこの飛行機の搭乗客は、現地在住の人が多いようだった。それと、日本人おばちゃん観光グループ。搭乗率は、8割くらい?



・・・ トイレ ・・・





ワイルドフラワーが飾られ、清潔に保たれている。だた、カンタスビジネスクラスはパジャマが配られるので寝る前とか朝は混む。





・・・ パース到着 ・・・



入国審査も並び、検疫検査も並び、随分長い時間経ってからようやくロビーにでてきました。パース行きはビジネスクラスでもエクスプレスカードは配られませんでした。客室乗務員も他の乗客と同じように長い列で待っている。空港の人も朝早いからか愛想もなく態度が横柄。ここにもオージー王子なし!


・・・ タクシーでホテルまで ・・・

タクシーの運転手は、親切だったけど中国人だった。
やっぱり、オージー王子はオーストラリア人でないといけないんだろうなあ・・・


シェラトン パース ホテル
207 Adelaide Terrace, East Perth WA 6004, Australia


ホテルのフロントは全員女性。ここにもオージ王子なし!みんな親切でいい人なんだけどねえ・・・結局、パース滞在中、ステキなオージー王子は現れなかったわ(;_:)