Coolangatta-Sydney

クーランガッタ空港は、リゾート都市ゴールドコーストの中心地、サーファーズ パラダイスから車で約30分。こんなリゾート地なのに、珍しくきちっとスーツを着ている乗客がいるなあと思ったら、日本人であった。日本からの出張らしい。日本の社員って、律儀だ。と、ビーチサンダルはいてサーファーのような格好の私は思ったのであった。この便には、中国人と韓国人旅行者の団体も乗っていた。


カンタス航空 機内食
(クーランガッタ/シドニー)
■ 軽 食 ■

ミネラルウォーター

サンドウィッチ
(レタス+チーズ+ハム)



Marsチョコレート




■ 機内の様子 ■

機内誌

ブリスベン空港まで出るよりもクーランガッタ空港が近いので良いのですが、考えることは皆同じなのか満席。また便数が少ないし、こんなに満席でサービスも簡素化されるならブリスベン空港から出る方がいいかも・・・。




■ 機内サービス ■



経費削減と飛行時間が短い路線ということもあってか、機内食前のドリンクサービスはボトルの水
をポンと渡されただけ。選択権なし。あの評判の悪いボックス機内食の中の飲み物もであった。
水ばっかりも飽きる〜!コーヒー、紅茶のサービスは、なし。




■ STATE BORDER MARKER ■


NSW州のTweed HeadsQLD州のCoolangattaとの境。このラインから州が変わる。ここにに来るビジネスマンは時差に悩まされる人が多いそうだ。オーストラリアは州によってサマータイムが異なるので、右側に住んでいる人は、NSW州時間採用、左側に住むQLD州側の住民はQLD州時間採用で商談時間も間違うことが多いらしい。確かにややこしい・・・。



・・・ この境界線の地から、ゴールドコーストが ・・・




蜃気楼のように見えた。(注意:実際に存在します・・・。)


夕陽が綺麗で、誰もいない静かなビーチ。と思ったら、砂浜に1人じっと座って海を見ている女の子の姿が・・・。
何か考え込んでいるようだったけれど・・・。こんな美しい海を見ていると、どんな悩みもなくなってしまいそう。